ためになる園芸のお話

Home » ためになる園芸のお話

高取り木の苗をいただきました。

お客様の所で高取り木の苗をいただきました。

6月頃 幹の皮をめくりミズゴケを巻いて発根を促します。

大きな苗がこの方法で行うことで、簡単に時間も短くとることが出来ます。

 

高取り木の詳しい方法はこちらでご覧ください。

http://www.e-momiji.com/~e-momiji/Kanri/toriki/toriki.htm

 

2014年 11月 22日 掲載 | ためになる園芸のお話

社員で勉強会です。

雨が降ったので、先日、半田緑化研究会で学んだ倒木の危険性のある樹木の見分け方を学んでます。

先日、勉強会に出た社員が他の社員に教えています。

キノコの有無 鉄筋を刺して調査 腐食の進行のデーター化が必要

2014年 8月 11日 掲載 | ためになる園芸のお話 and 作業事例 and 半田緑化研究会 and 諸団体活動

花壇が完成しました。

コンクリート製の枕木を設置して花壇を作成しました。

既存の土とバークマルチ材を混入して、表土にもマルチングを行っています。

バークのマルチングは土が肥え、通気性・保水性がよくなり、樹木の成長も変わってきます。

バークマルチはカネニコンポストさんの商品です。

おすすめです。

2014年 8月 02日 掲載 | ためになる園芸のお話 and ニュースとお知らせ and 作業事例 and 家庭菜園

薬剤散布(殺虫殺菌剤)をしました。

殺虫剤を散布しました。

この時期、害虫が多く発生します。

葉を食害するカナブンやイラガ・毛虫など、きれいな葉食べてしまうと元に戻りません。

日中は日陰に隠れてしまう、カナブンは朝の薬剤散布が効果があります。

また、薬剤飛散の恐れがある所では粒剤の薬を散布しました。

 

2014年 7月 31日 掲載 | ためになる園芸のお話 and ニュースとお知らせ and 作業事例 and 樹木消毒

天然完熟堆肥を配達です。

堆肥を既存の土に混ぜて使用することで、とても土が肥え樹木の生長が違ってきます。

当社もよく使用しています。

砂地・粘土の土に混ぜて土壌改良します。

植栽した樹木の周りに使用してマルチング材にも使用します。

保水・給水性がよくなり、夏の日照りの影響を緩和してくれます。

 

天然完熟堆肥について詳しくは

(有)カネニコンポストさんのホームページをご覧ください。

http://kaneni-recycle.jp/index7.shtml

※当社は袋詰め前の粗い物を使用しています。

 

 

 

 

2014年 7月 12日 掲載 | ためになる園芸のお話 and 作業事例 and 資材 and 資材運搬

防草シート 設置後のメンテナンスです。

どうしても、シートの縁や砂利の上に草が生えてきます。

シートの上は簡単に抜けるので良いのですが、縁から出ている草は手取り除草をするとシートがめくれてしまいます。

手間の少ない除草剤散布をお勧めしています。

シートがあるので除草剤散布回数も少なくてすみます。

2014年 4月 12日 掲載 | ためになる園芸のお話 and 作業事例 and 防草シート and 除草剤散布

今年も苗木まつりを開催します。

今年も恒例の苗木まつりが4月26日(土)27日(日)に開催されます。

半田市内の造園業者が13社が集まりますので、苗木の無料進呈や無料園芸相談・庭作りなどの質問にもお答えしますので、ご興味のある方はお越しください。

今年は屋台・だし丸くんも出ます。

詳しくは写真をご覧ください。

 

第56回苗木まつり

2014年 4月 09日 掲載 | ためになる園芸のお話 and ニュースとお知らせ

補修材(ウッディードクター)で樹木の復旧をしました。

ウメ 裏から見た状態です。          樹木補修 着手前です。

皮一枚でどうにか生きています。

手で触ると今にも倒れそうなぐらぐらな状態です。

腐った部分を取り除いた状態です。

よく見ると左側に細い根が生えています。

生命力の強さを感じます。

殺菌の為、墨汁を塗っています。

支柱を立てて樹木を補強しています。

ウッディードクターを水で練って詰め込んでいます。

埋め込み完了です。

乾燥防止の為、幹まきを巻いています。

樹木の水分の需要とバランスを保つため、葉を少なくするように剪定をして樹木補修 完了です。

今回はかなり腐りが進んでいて、回復するか微妙ですが生命力の強さに期待したいです。

2013年 11月 07日 掲載 | ためになる園芸のお話 and ニュースとお知らせ and 作業事例 and 樹木補修

シャモット(陶器) (瓦の砕いたもの) を東浦町に配達しました。

整地はお客様が施工しますので、配達をさせていただきました。

防草シートを敷いて、その上に厚め(4~5cm)程度、敷くと良いと思います。

防草シートも厚めの物を使うと良いです。

薄いとチガヤ・ツクシなどが防草シートを突き破って生えてきます。

2013年 10月 30日 掲載 | ためになる園芸のお話 and 作業事例 and 砂利 and 資材 and 資材運搬 and 防草シート

地元の高校で造園について説明をさせていただきました。

 

1限目は造園業の現状と今後の見通し。

パワーポイントを使い説明させていただきました。

パワーポイントを初めて使いいい勉強になりました。

また造園業の環境について再確認ができていい機会になりました。

2限目はロープワークの勉強をしました。

万力と垣根結びを教えました。

3限目は外でキョウチクトウの剪定をしました。

高校生は素直に黙々と仕事をしていました。

頼りない話で、どこまで造園業が伝わったか分かりませんが、若い力に期待します。

 

 

2013年 10月 29日 掲載 | ためになる園芸のお話 and ニュースとお知らせ and 作業事例