ためになる園芸のお話

Home » ためになる園芸のお話

猛暑の為、日よけを設置して樹木を保護しました。

直射日光と乾燥でヤマボウシの葉が枯れ始めましたので、

寒冷紗で日陰を作りました。

また、根元に水が溜まるように水鉢(土で作った土手)を作って、

たっぷりと水かけを行うと良いです。

寒冷紗で覆い、朝夕と水かけを行うと秋に葉が繁ってくると思います。

寒冷紗の上から水をかけて、乾燥と高温になるのを防ぎます。

これだけ、熱く雨が降らないと、植栽して間もない樹木は弱ります。

大切な樹木があれば、一度、ご確認ください。

 

2013年 8月 17日 掲載 | ためになる園芸のお話 and ニュースとお知らせ

造園施工管理技士の試験の申し込みをしました。

施工管理技士の申し込みをしました。

2級が4人1級が一人受けます、

難しい試験ですが、しっかり勉強をして合格出来るといいですね。

当社は技術向上の為、このような試験を受けています。

by 滝澤

2013年 7月 23日 掲載 | ためになる園芸のお話 and テスト

防草シートの効果を再確認させていただきました。

4年ほど前に防草シート設置工事をさせていただきました。

草がほとんど生えておらず、生えても砂利が厚く引いていますので簡単に抜けるそうです。

除草の時間を家庭菜園などの作業に使えるので、とても喜んでいただきました。

使用材料は

防草シート ザバーン 240強力タイプ

砂利 シャモット 2〜10mm 厚さ 5cm程度

※シャモット 瓦を砕いたリサイクル商品で鮮やかな色で値段も安く、人気が出てきた商品です。

2013年 7月 05日 掲載 | ためになる園芸のお話 and 作業事例 and 防草シート and 除草

当社、圃場にバークマルチを敷きました。

当社の圃場にバークマルチ(樹木・草などを粉砕して醗酵させ堆肥にしたもの)を敷きました。

この作業をすることで、透水性、吸水性、保水性が上がり、乾燥も抑えられます。

肥料分もありますので、今後の樹木の成長も変わってきます。

地温も上がりますので、樹木だけでなく草も大きく育ちます。(^_^;)

この作業を10年ほど行っていますので、大分、圃場の土もよくなってきました。

当社で出た剪定ごみを破砕場に持ち込み、2年ほど堆肥化したものを使用しています。

リサイクルも大切ですね。

2013年 6月 27日 掲載 | ためになる園芸のお話 and ニュースとお知らせ

ビワが大きくなりました。

1か月前にビワを摘果してとても大きく育ちました。

袋掛けをしているともっときれいな色になります。

自宅で食べるため、この作業は省きました。

このビワは園芸品種ではなく、実生のビワです。

摘果前に比べると4倍ぐらいになっていると思います。

5月初めに摘果する前の写真です。

3つほど実を残しています。

 

2013年 6月 11日 掲載 | ためになる園芸のお話 and ニュースとお知らせ

土壌改良材(バーグルチ+山砂)を作成しました。

綺麗に混ざりあっています。

プランターに入れる土壌改良剤を作りました。

排水が良くするため、鉢底にゴロ石やパーライトなどを使うとより樹木がよく育ちます。

黒いのがバーク細かい物(樹木をチップにして醗酵させた物)です。

1年ほど山にして醗酵していたものです。

ユンボを使ってまんべんなく混ぜています。

むらがないように混ぜ残りがないようにします。

知多の山砂です。砂利が少なくきめが細かいのを使用しています。

2013年 6月 04日 掲載 | ためになる園芸のお話 and 作業事例 and 資材運搬

ビワの摘果をしました。

摘果 完了

ビワの摘果をしました。

小さな8つの実を3つにしました。

実が多くなりすぎると、果実が大きくならないため、小さな実を摘み取る摘果という作業をします。

この後、害虫(カナブンなど)に食べられないように、袋をかぶせると良いです。

摘果 着手前

ビワは樹高が大きくなりすぎると、収穫や摘果などの作業に手間がかかりますので、樹高を低く育てるといいと思います。

このビワは園芸品種ではありませんが、摘果することで、毎年、大きい実を食べています。

ビワの木を持っている方は一度、試してみてください。

2013年 5月 22日 掲載 | ためになる園芸のお話

第55回 半田苗木まつり(植木市)の開催案内です。

半田苗木まつりの開催日が決まりました。

平成25年4月27日(土)28日(日)に半田職員駐車場にて開催いたします。

樹木の無料配布、緑の相談所もあります。

今年はみたらし団子・かき氷の販売もあります。

半田の造園業者が10社以上集まりますので、庭・樹木に関心やお困りごとがあればこの機会をご利用ください。

2013年 4月 19日 掲載 | ためになる園芸のお話 and ニュースとお知らせ

サクランボ 「暖地」 満開になりました。 

毎年、沢山の実を付けてくれるサクランボが、今年も満開の花を付けてくれました。

今年も沢山の実を付けてくれるように、花を触れて受粉を促しました。

後は、鳥さんとの戦いになります。(^_^;)

暖地という品種は育てやすい樹木だと思います。

生産者の方は枝を下の方に下げるように誘引します。

日が多く当たるようにして、花を多く付け実の生産量をあげています。

2013年 3月 15日 掲載 | ためになる園芸のお話

個人邸 芝張り工事をしました。

個人邸の芝張りをしました。

省管理型コウライシバ(TM9)を張りました。

通常の芝生(コウライシバ)は3回ほど芝刈を必要としますが

この芝は丈が短く、年1回の芝刈で管理ができます。

芝刈の時期は6月頃です。

芝生に小さな花が付き、受粉して種が落ちる前に芝刈を行います。

TM9の販売も行っております。

by 山下

2013年 3月 14日 掲載 | ためになる園芸のお話 and 作業事例 and 芝張